2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプと見せかけて・・・

カテゴリーではBookだけど、ジャンプネタ以外も披露しておこうと思った。
「イイ年してるのに、この人ジャンプしか読んでないんだわ」
とか思われるのも (思われてるだろうけど) いささか・・・

いささか・・・サザエさんのお隣に住んでるのは、いささか先生だっただろうか。
いささか先生。そうだ間違い無い (気がする
漢字は伊佐坂だっただろうか。何か違う気もしなくも無い。


いや、いささか先生とかどうでもイイぢゃん('A`)
さて、小説、小説。
と言っても、最近買った小説は1冊だけ。昨日だけど。
books  この2冊。


以後、ダラダラと長い文章になるので、追記にて。
写真左はご存知の方も多いであろう、コナン・ドイル著の
「シャーロック・ホームズの冒険」である。ホームズシリーズ第1弾かな。
Sir Arthur Conan Doyle(サー・アーサー・コナン・ドイル)の小説は、
生涯でこの1冊しか読まないだろうと、思う。(思うだけだよ?
*コナン・ドイルのWiki  *電子図書館コナン・ドイルのページ


コナン・ドイルの作品は1度も読んだコトが無く、
有名所で言えば、Agatha Christie(アガサ・クリスティ)も1度も無い。
ただ、ホームズシリーズ(コナン・ドイル)、探偵ポワロ(アガサ・クリスティ)の作品は
知識として、そして好きな探偵ドラマとしての記憶はありますが。

初めて小説でシャーロック・ホームズを読みましたが (買ったのは小学生の時分
探偵ポワロにしても、シャーロック・ホームズにしても、
あんの好きな作家サンの1人のディクスン・カーのフェル博士、H.M卿にしても、
何故、こんなに自信満々なんだ・・・
やはり、謙遜、謙虚なのは日本人特有の奥ゆかしさなのだろうか。

「ワトスン君、僕は説明なんかをしてしまったと思っているよ。
 知らぬことは何でも大きく見えるものだ。
 今のように僕の推断をあけすけに話してしまったものだから、
 僕の器の大きさも、名声も地に落ちてしまうかも知れないね」

( ´_ゝ`)プ・・・

ま、取り敢えず、コナン・ドイルには小説を読んでも、
やっぱりそこまで惹かれなかったなぁ・・・と思った。


写真右は、あんの好きな作家サンの1人でもある、我孫子武丸著の
「殺戮にいたる病」である。
この作品は我孫子武丸の最高傑作とも謳われる作品なのだ。
我孫子武丸の作品の中で、最初に読んだのはこの作品。
*我孫子武丸(アビコタケマル)本人のサイト *我孫子武丸のWiki

読み返し過ぎて余りにも無残な姿になられたので、また買ったのです。
所謂、衝動買い・・・(゚∀゚;)

現代のミステリにおいて「新本格ミステリ」と称されるモノが
あるコトを知ってらっしゃる方は、何人いらっしゃるだろうか。
我孫子武丸サンもその作家サンの中の1人でいらっしゃるのだ。

あんは我孫子サンの小説は、ほとんど持っているけど、
その中でもとても印象深く、とても愕然とさせられた小説だった。
この作品は、少しグロテスクな部分が多いのと、
素晴らしいトリックが用いられてるので、多くを物語れませんが・・・

今までいくつもの叙述トリックを目の当たりにした上で尚、
最後の巻末の部分には呆気に取られてしまった作品だったのですよ。
我孫子サンの作品は、読み始めたら止まらない。
そう、まるでかっぱえびせんのCMが使えるほどだと思う。
あんはかっぱえびせん食べるの躊躇う上に、止まるけどね(ぁ


どの類のトリック、"密室トリック"、"時間トリック"、"人物トリック"の類であったり
叙述トリックの最高峰、究極だと言われる"テクスト・トリック"であったり
沢山のトリックは先人達によって作られ、改良され、現代に至るけど。
それでも、やっぱり凄い作品は呆気に取られ、愕然とさせられるねぇ。
どれだけ身構えていても、どれだけ読み返しても、
やっぱり敵わない・・・ちと悔しい・・・('A`)

今度は何を読もうかなぁ(・∀・)うひ

● COMMENT ●

いささか先生

おひさしぶりです、FALです。
たしかにいささか先生いましたね~。FALの記憶だと(拙いですが)日曜日の放送のサザエさんはいささか先生とハチ(犬)が出演して火曜日は浜さんとジュリー(犬)が出演していた気がします。ってか週2回もやっているアニメもすごいなあ・・。

お久し振りです~w

浜さんとジュリー!?
何かカックイーではありませんか!
火曜日も日曜日も見ていたはずですが・・・浜さんとジュリーが浮かばないです・・・
確かにサザエさんぐらいでしたよねぇ、週2でやってたの。
派手さは無いけど、何気に未だに見てますね、サザエさん。
日曜日の18時からはマルチャンとサザエさんですね・・・w

浜さん(しつこい??)

浜さんはお口が顔の両端まで裂けているおばさんです(ばけものか・・)。ジュリーはしゃがれた鳴き声の茶色い犬です・・・たしか。
ちなみにFALはサザエさん症候群(ブルーになる)なので今は見れません(_TдT)

口裂け女が・・・

小さい頃、夜道を歩くのを嫌がったのは、口裂け女の話を聞いてからでした(何
ハスキーな泣き声のジュリー・・・沢田○二・・・?w
ジュリーで沢○研二なんて古過ぎるな・・・

サザエさん症候群とかSUGEEEEEEEEEEE
何かが凄そうです((((;゚Д゚))))ガクガク
是非、隣で無理矢理見させてみたいデスネ(ぁ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://anlaura.blog17.fc2.com/tb.php/186-0d4dc210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CSI:科学捜査班 クエンティン・タランティ

いつもの落ち着いた感じで犯人を追いつめるCSIとは打って変わって手に汗握り絶望すらよぎり焦る展開。前後編にまたがりニックを必死になって捜すこのエピソードは今までとは異色であり、チーム愛、それと各々が絶望という不安との葛藤がいつも以上に描かれていて人間味溢れ

今日で «  | BLOG TOP |  » 萌え

Profile

あん

Author:あん

相棒Season10はコチラ。

相棒Season11の相棒は
成宮 寛貴くん。

若い子を起用した理由は
推測の域を出ないけど
トリオざ捜一の出し易さだと思う。

みっちーとの掛け合いだと
どこか物足りなさを感じてしまう。

脇を固める人達の豊かさを
引き出すには
薫ちゃんのようなタイプが必要。

だろうと、俺は読む。


アルコールと米と卵が主食。
何かしようとすると胃が痛くなる。
でも、何もしてないと苦痛な人。

仕事は掛け持ち。
本業は事務&経理&雑用&秘書
本当は、家政婦ぢゃないかと思う。

副業は印刷のデザイン。
イラレとフォトショが大好物。
でも、フォトショの調子が悪い。


イラストは、通称あん猫。
猫ぢゃないよ!
何の動物かは未定だよ!

現在、姪っ子の誕生日に向けて
絵本作成ちぅ。

絵本て、内容よりも
キャラクターを動かすのが難しい

Entry

Category

etc. (437)
Game (65)
PC (42)
Friend (48)
Travel (16)
Work (72)
Sports (39)
Book (27)
Movie (79)
Family (100)
Music (18)
Play (62)
Dog (39)
Blog.. (105)
TV (42)
Mobile (71)
think.. (52)
Sean (156)

Comment

Link

Etc

+同盟+


+里子里親情報+



+Drea.こげんた+


Web Clap

 

Archive

Search

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。